自転車

【ルック車】変速操作性 シフターの違い

本ページはプロモーションが含まれています
あなた
あなた
ルック車でも「シマノ製パームシフターを採用」と書かれているから、ルック車を買ってサイクリングしても問題ないかな

確かにルック車の販売サイトを見てみますと「シマノ製」をセールスポイントとしていますし、シマノ製パーツが採用されているなら問題なさそうに思えますよね。

本記事を読むメリット

パームシフターとデュアルコントロールレバーについて分かる。
デュアルコントロールレバーの使い勝手の良さについて分かる。
手元変速ができるシフトレバーはサイクリングの疲労軽減に効果がある事が分かる。

サイシスト
サイシスト
この記事は以下の様な人におすすめ!
パームシフターを採用しているルック車の購入を検討している人

シフターについてまとめました。

この記事を読んで、シフターの使い勝手を理解した上で自転車を買ってサイクリングを始めましょう。

それでは、どうぞ。

本記事の要約

デュアルコントロールレバーは手元変速ができますので変速操作がしやすいです。

安いルック車は価格を抑える為に安価なパームシフターを採用しています。

手元変速は頻繁に変速操作しても苦になりませんので適切なギヤを選び続けられロングライドの疲労を軽減できます。

シフトレバーについて

ダブルレバーで変速させていた昔は、シフトチェンジが大変だったりディレイラーの位置決めが正確に決まらなかったりしていましたが、デュアルコントロールレバーが登場してからはそれらの問題は解消されました。

昔のロードバイクはシフト操作が大変

昔のロードバイクは今のロードバイクとは違い、ブレーキレバーにシフトレバーが内蔵されていませんでした。

昔のロードバイクに使われているシフトレバーはダブルレバーと呼ばれ、ダブルレバーはフレームのダウンチューブに取り付けられています。

変速時にはダウンチューブに取り付けられているダブルレバーに手を伸ばしてダブルレバーを操作しなければなりませんので、昔のロードバイクはシフトチェンジが大変面倒でした。

昔のロードバイクは「クラシックロード」と呼ばれ、今でも愛用している人がいます。

現在はブレーキとシフターが一体化されている

1991年にシマノの7400デュラエースからデュアルコントロールレバーが初登場して、シフト操作に革命が起きました。

デュアルコントロールレバーが登場するまでは、変速する時はダウンチューブに取り付けられているダブルレバーに手を伸ばしていましたが、デュアルコントロールレバーが登場してからはハンドルから手を放さずに変速できる様になりました。

デュアルコントロールレバーが登場した当初は高価でしたのでレースに参戦しているガチ勢が主に使っていましたが、下位グレードにもデュアルコントロールレバーが採用される様になりますと週末メインに走るサンデーライダーにまで普及していきました。

現在ではルック車以外のロードバイク(クラシックロードを除く)は、すべてデュアルコントロールレバーを採用しています。

サイシスト
サイシスト
僕は2007年からロードバイクに乗り始めましたので最初からデュアルコントロールレバーでしたが、ダブルレバーの時代から乗っていた人は「昔は大変だった」と言っていました。

ルック車とシフター

出典:シマノ SL-A050

ルック車パーツコストを削減しませんと価格を安くできませんので安価なパームシフターが採用されていますが、ルック車でも高価格帯になりますとエントリーグレードのデュアルコントロールレバーが採用されています。

安いルック車にはパームシフターが採用されている

パームシフターはダブルレバーと同じ機構ですが、ダウンチューブに取り付けられているダブルレバーとは違い、パームシフターハンドルに取り付けられています。

ハンドルを握り変えるだけで変速操作ができますので、ダブルレバーより変速操作がしやすいです。

ですが、ハンドルを握り変える事なく変速できるデュアルコントロールレバーが存在しているのに、なぜわざわざデュアルコントロールレバーより変速しづらいパームシフターが存在し続けているかというと、デュアルコントロールレバーがパームシフターより高いからです。

シマノの一番下のグレードであるターニーでもデュアルコントロールレバーは左右セットで1万円近くしますが、同じターニーでもパームシフター1000円ちょっとで買えます。

有名メーカーのロードバイクはエントリーモデルでも8万円ぐらいの価格設定にしていますのでデュアルコントロールレバーが採用できますが、2万円台のロードバイク風味のルック車は2万円台で販売する為にパームシフターを採用せざるを得ません。

ですので、デュアルコントロールレバーを最初に製品化したシマノも、今でもダブルレバーの操作性が進化したパームシフターを生産し続けています

高価格帯のルック車はロード用シフターを採用

2万円台のルック車はパームシフターを採用していますが、ルック車でも高価格帯のモデルは手元変速ができるデュアルコントロールレバーが採用されています。

ルック車とは言えそれなりに高いですから、デュアルコントロールレバーが採用できます。

デュアルコントロールレバーを採用する事により、ルック車でも大手メーカーのロードバイクと変わらない快適な操作性が楽しめます。

サイシスト
サイシスト
行きつく先は価格に見合ったパーツが採用された自転車になりますので、安い自転車に良いパーツが使われる事はありません。

変速操作が楽になるとライドも快適になる

短距離ライドでは変速操作がしづらくても乗車時間が短いですので気にはなりませんが、ロングライドになりますと乗車時間が長く、始めは変速操作が面倒に感じるだけですが、面倒疲労が蓄積してくる後半になりますと変速操作が辛くなります。

ペダルを漕ぎ続けるだけでも大変ですが、それに加えてシフト操作もハンドルを持ち替えないと変速できませんから変速操作が億劫になり、重めのギヤや軽めのギヤで走り続ける事で脚をより消耗してしまう原因にもなります。

ですので、変速操作が楽になりますと適切なギヤを選び続けて走れますから、ロングライドも快適になります。

サイシスト
サイシスト
ロングライドでは小さな疲労の積み重ねが、後半大きな疲労になってきます。
created by Rinker
¥23,800
(2024/02/23 20:59:40時点 楽天市場調べ-詳細)

サイシスト
サイシスト
短時間のライドしかしないと買う前から決めていて、パームシフターのデメリットを理解しているのでしたらルック車購入もいいかと思います。
SPEAR (スペア) ロードバイク アルミフレーム 16段変速 SPR-7016 シマノ製クラリス
created by Rinker

サイシスト
サイシスト
価格を抑えつつも手元変速ができるデュアルコントロールレバーが採用されているルック車を選ぶのでしたら、こちらがおすすめです。
MERIDA メリダ 2022年モデル RIDE 80 ライド80 アルミロードバイク
created by Rinker

サイシスト
サイシスト
予算を潤沢に確保しているのでしたら、ルック車ではないロードバイクがおすすめです。

まとめ

昔のロードバイクはシフトレバーがダウンチューブに付いていたので、変速操作がしづらかった

デュアルコントロールレバーが普及している現在では、手元変速ができるので頻繁に変速しても苦にならない

安いルック車は安く販売する為に高いデュアルコントロールレバーが採用できず、安いパームシフターを採用してコストダウンしている。

ルック車でも高価格帯になるとデュアルコントロールレバーを採用している。

手元変速ができると変速操作による疲労が軽減でき、頻繁に変速しても苦にならないので適切なギヤをその都度選んで走る事でロングライドの疲労が軽減できる。

本格的にサイクリングをするのでしたら、高くても最初から手元変速ができるデュアルコントロールレバーが採用されているロードバイクを選びましょう

【必要な物】ロードバイクと用品類を購入してサイクリングを始めよう初期費用は高くなりますが、サイクリングの趣味を始める人はシマノ105仕様のロードバイクがおすすめです。 完成車に付いているパーツが合わない時はパーツを変えると良いです。 自転車用のウェア類を着用しますとより快適にサイクリングが楽しめます。 万が一の事故に備えて賠償責任保険に加入しましょう。...
【参加】デメリットが多い? ルック車でレースやツーリングルック車でレースに参戦しますと自転車重量の重さや変速段数の少なさによる影響で、速度が遅くなったり加速が鈍くなったり脚の消耗が激しくなったりしますので、他の選手より不利になります。 ツーリングや通勤通学では、メンテナンス性が悪い為にパンクした場合はパンク対応が大変です。...