メンテナンス

【消耗品】シフトケーブルを交換して変速性能を維持しよう

本ページはプロモーションが含まれています

あなた
あなた
最近シフトチェンジしても以前の様に変速がスムーズに決まらず、シフトアップを2回してから1回シフトダウンしていますが、どこか問題があるのですか?

変速がうまく決まらないと、2回シフトアップしてから1回戻して変速していますよね。

本記事を読むメリット

シフトインナーケーブルが寿命に近づく事による症状が分かる。
シフトインナーケーブルの交換方法について分かる。

シフトインナーケーブルは寿命に近づきますとケーブルがほつれて伸びますので、変速ポイントもずれてきます

シフトインナーケーブル伸びていても出先ではディレイラーの調整で誤魔化せますが、ケーブルを交換せずに使い続けていますとケーブルが切れて変速ができなくなります

そこで本記事では、シフトインナーケーブルの交換方法について取り上げます。



本記事の要約

シフトインナーケーブルが寿命に近づきますとケーブルが伸びて変速しづらくなります

また、ライド中シフトインナーケーブル切れてしまいますと変速できなくなりますので、定期的にケーブルの状態を点検して、ほつれ掛かっている場合はケーブルを交換しましょう。

変速しづらくなる原因

今まではスパスパ決まっていても、距離を走りますと変速がもっさりする様になります。

主な原因は以下の3つです。

シフトインナーケーブルがほつれ掛かっている

シフトインナーケーブルは細いケーブルを束にまとめて作られています。

負荷が集中する部分擦れて摩擦が発生する部分特に痛みやすいです。

特にシフトレバー内でシフトインナーケーブルがほつれてきますとケーブルがシフトレバー内に詰まりますので、ケーブルを引っ張る動作を行うシフトダウンはできてもケーブルを緩める動作を行うシフトアップができなくなります

シフトインナーケーブルは交換してから6,000km走行しましたら、ケーブルがほつれていないか点検しましょう。

ちなみに僕は実走中にシフトレバー内でシフトインナーケーブルがほつれた事がありましたが、一度シフトダウンしたらシフトアップできなくなりました

何とか自宅まで自走して帰れましたが、シフトアップできませんので軽いギヤしか使えず速度が出ませんでした

アウターケーブルが痛んでいる

シフトインナーケーブルはアウターケーブルから引っ張り出したり緩めたりしてディレイラーを動かしています。

アウターケーブルがほつれてきますとアウターケーブルの長さが変わってきますので、ディレイラーの位置がずれてケーブルを十分に引っ張り出せない為に変速しづらくなります

シフトインナーケーブルを点検するついでにアウターケーブルの状態も一緒に見ておきましょう

ディレイラーが摩耗している

ディレイラーは長年使っていますと変速の度に摺動するヒンジ部分が徐々に摩耗していきます。

ヒンジ部分が摩耗しますとガタが大きくなってきますので、シフトインナーケーブルでディレイラーを引っ張ってもガタで少し引っ張り長さを吸収されます

ですので、必要な位置までディレイラーを動かせられなくなりますので、変速しづらくなります

僕の場合は5年程度使っていたディレイラーを交換する機会があったのですが、ディレイラーを交換した所、変速性能が交換前より格段に良くなりました

50,000km走りましたらリアディレイラーの交換を検討しましょう。

サイシスト
サイシスト
ディレイラーを交換する事があったのですが、新品のディレイラーに交換しましたら変速性能が向上しました。

シフトインナーケーブルの交換手順

シフトインナーケーブルを外す前に写真や動画を撮っておきますと、ケーブルを張り替える時にケーブルルーティングの確認ができます

ハンドルにシフトケーブルを這わせるタイプのデュアルコントロールレバーを使用している場合は「オプティスリック シフトインナーケーブル」の使用をおすすめします。

安いシフトインナーケーブルも販売されていますが、ハンドルにシフトケーブルを這わせますと曲線部分がきつく抵抗が大きい為、安いケーブルではシフトアップしてもケーブルが緩まず変速できません

このタイプのデュアルコントロールレバーを使用している場合は、安いシフトインナーケーブルを使用しても問題ありません。

ちなみにもっと滑りが良い「ポリマーコーティング シフトインナーケーブル」も販売されていますが、ある程度使用していますとコーティングが剥がれてアウターケーブル内で詰まってしまいます

ですので、早め早めにシフトインナーケーブルを張り替えるのでしたら問題ないですが、ケーブルの張り替え時期を伸ばしたい人は少々ケーブルの引きが重くてもオプティスリックを使いましょう。

created by Rinker
¥943
(2024/02/23 22:40:14時点 楽天市場調べ-詳細)

サイシスト
サイシスト
僕もオプティスリックを愛用しています。

手順0 注意点

この記事に書かれているケーブル交換と調整の手順は、メーカーの説明書と若干手順が異なります

手順1 トップギヤに変速させる

まずは、フロントアウターギヤに変速させます。

次に、クランクを回しながらリアトップギヤに変速させます。

手順2 ケーブル固定ネジを緩める

ディレイラーのシフトインナーケーブルを固定しているネジを緩めてケーブルを外します

シフトインナーケーブルを外しましたら、ケーブルが緩みますのでフレームのダウンチューブから緩んだケーブルを少し引き出します

シフトケーブル内装式フレームの場合はトップチューブ側のアウターケーブルを引き抜きますと、シフトインナーケーブルを引き出せます。

手順3 シフトインナーケーブルを切断する

シフトインナーケーブルを引き出しましたら、ワイヤーカッターでケーブルを切断します。

シフトインナーケーブルはホームセンターで売られている汎用品でも切れますが、汎用品のニッパではきれいに切断できず切断面がほつれてしまいます

自転車整備専用品のワイヤーカッターを使用しますと切断面がほつれず、きれいに切断できますので、専用のワイヤーカッターの使用をおすすめします。

created by Rinker
¥3,021
(2024/02/22 23:30:35時点 楽天市場調べ-詳細)

サイシスト
サイシスト
僕も前まではニッパでシフトインナーケーブルを切断していましたが、自転車専用品にしましたらケーブルのほつれがなくなり、きれいに切断できる様になりました。

手順4 シフター側のシフトインナーケーブルを取り出す

トップギヤまで変速させますと、デュアルコントロールレバーにシフトインナーケーブルを通す為の穴が見えます

切断したシフトインナーケーブルをつまんで押し込みますと、ケーブルを入れる穴からケーブルが出てきます

デュアルコントロールレバー内部でシフトインナーケーブルがほつれている場合はケーブルが詰まって出しにくいですが、根気よく穴から出しましょう。

手順5 ディレイラー側のシフトインナーケーブルも外す

デュアルコントロールレバー側のシフトインナーケーブルを取り出せましたら、ディレイラー側のケーブルも外しましょう

ディレイラー側はシフトインナーケーブルがほつれていても内部にケーブルが入る部分がありませんので、デュアルコントロールレバー側より簡単にケーブルが外せられます。

手順6 アジャスターを右に回す

リアディレイラーのアジャスター回らなくなるまで右に回した後、2回転程度左に戻します

手順7 シフトインナーケーブルにグリスを塗布する

シフトインナーケーブルをそのまま組み付けても問題なく変速できますが、ケーブル用のグリスを塗っておきますとケーブルの寿命が伸びます

シフトインナーケーブルにグリスを薄く塗り伸ばします

なお、緑色のプレミアムグリスで代用しますとシフトインナーケーブルの抵抗が余計に大きくなってシフトアップできなくなりますので、グリスは必ずケーブル用の物を使用しましょう。

created by Rinker
¥3,276
(2024/02/23 06:07:27時点 楽天市場調べ-詳細)

サイシスト
サイシスト
内容量の割には高価ですが、少ししか塗りませんので長く使えます。

手順8 シフトインナーケーブルをシフターに差し込む

シフトインナーケーブルを取り出したデュアルコントロールレバーのから、新品のケーブルを差し込みます

手順9 シフトインナーケーブルを元の状態にする

デュアルコントロールレバーの穴から差し込んだシフトインナーケーブル元の状態になる様に這わせます

デュアルコントロールレバーからドロップハンドルに這わせてあるアウターケーブルにシフトインナーケーブル入れる作業かなり難しいです。

僕はマイナスドライバーでシフトインナーケーブルを押さえながらアウターケーブルに入れていますが、どうしてもアウターケーブルに入らない場合はバーテープをめくってアウターケーブルをドロップハンドルから外します簡単にシフトインナーケーブルを入れられます

マイナスドライバーを用いて、根気よくアウターケーブルにシフトインナーケーブルを入れています。

シフトインナーケーブルの取り付けができましたら、リアディレイラーのパンタグラフを手で少し押し込みながら、ケーブル固定ネジを軽く締めてケーブルを仮固定します。

シフトインナーケーブルは下記手順で緩める事もありますので、今は強く締め付ける必要がありません。

手順10 アウター側でディレイラーを調整する

シフトインナーケーブルだけ交換する場合は、プラスドライバーを使って調整するネジを調整する必要がありません

トップ側のギヤが入っているか確認

まずは、クランクを手で回します。

クランクを手で回した時、トップ側にギヤが入っていなければシフトインナーケーブルの張りすぎですので、リアディレイラーのケーブル固定ネジを緩めてケーブルを少し緩めながら締め直します

もう一度クランクを手で回してみて、トップギヤに入る様になりましたらローギヤまでシフトダウンします。

ロー側の変速を調整

ローギヤから次のギヤにシフトアップする時にもっさりギヤが変速されるまでアジャスターを左に回します

もっさりローギヤが変速する様になりましたら、4分の1回転アジャスターを右に回して再度変速状態を確認します。

まだもっさりする様でしたら、さらに4分の1回転アジャスターをに回してスパスパ変速するまで何度も繰り返してアジャスターを調整します。

アジャスターの調整ができましたら、クランクを回しながら1速ずつシフトアップしていき、ガリガリとした異音が発生していないか確認します。

もし異音が出ている場合は、アジャスターを右か左に4分の1回転ずつ回して、異音がなくなるまで調整します。

手順11 インナー側で変速を確認する

アウター側のチェーンリングでディレイラーの調整ができましたら、クランクを回しながらインナー側にフロントを変速して、リア側の変速に問題ないか異音がしていないか確認します。

インナー側は中間ギヤよりトップギヤ側に変速した場合、ディレイラーを正しく調整していても異音がしますので気にする必要はありません

また、実走でインナーギヤ使用中は中間ギヤよりトップ側にシフトアップさせず、フロントをアウターギヤに変速させましょう。

手順12 シフトインナーケーブルを完全固定する

アウターとインナーで変速に問題ない場合は、リアディレイラーのケーブル固定ネジを本締めします

そして、上の写真の長さでシフトインナーケーブルを切断してから、ケーブルに同梱されているエンドキャップケーブル切断部に差し込んで、ニッパで軽く挟んでかしめますと作業完了です。

もし、エンドキャップを無くしてしまった場合でも、10個入りのエンドキャップが安く販売されています。

created by Rinker
¥172
(2024/02/23 12:41:15時点 楽天市場調べ-詳細)

サイシスト
サイシスト
シフトインナーケーブルの交換はディレイラーの調整も必要ですので難しいですが、慣れてきますと意外に簡単です。

まとめ

変速しづらくなる原因は、シフトインナーケーブルがほつれ掛かっているか、アウターケーブルが痛んでいるか、ディレイラーが摩耗している。

シフトインナーケーブルの交換手順は、

  1. トップギヤに変速させる。
  2. シフトインナーケーブル固定ネジを緩める
  3. シフトインナーケーブルを切断する
  4. シフター側のシフトインナーケーブルを取り出す
  5. ディレイラー側のシフトインナーケーブルも外す
  6. アジャスターを右に回す
  7. シフトインナーケーブルにグリスを塗布する
  8. シフトインナーケーブルをシフターに差し込む
  9. シフトインナーケーブルを元の状態にする
  10. フロント側アウターでディレイラーを調整する
  11. フロント側インナーで変速を確認する
  12. シフトインナーケーブルを適切な長さに切断して本固定する

シフトインナーケーブル交換に必要な物は以下の3点です。

created by Rinker
¥943
(2024/02/23 22:40:14時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥3,021
(2024/02/22 23:30:35時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥3,276
(2024/02/23 06:07:27時点 楽天市場調べ-詳細)

シフトインナーケーブルが痛んでいる場合は早めに交換しましょう