メンテナンス

【パンク対応用品】タイヤキーで硬いタイヤも楽々脱着

本ページはプロモーションが含まれています
あなた
あなた
タイヤが硬くてなかなか脱着できなくて困ってるんだけど、タイヤペンチより携行しやすいタイヤ脱着用品はないの?

ライド中のパンクでは手早くタイヤを脱着したいですよね。

本記事を読むメリット

硬くて脱着しづらいタイヤに適しているタイヤキーについて分かる
タイヤキーをよりよく使う方法が分かる

サイシスト
サイシスト
この記事は以下の様な人におすすめ!
タイヤが脱着しづらくて困っている人

硬いタイヤでも楽に脱着できる用品、タイヤキーについてまとめました。

この記事を読んで、手早くパンク対応してライドを再開しましょう。

それでは、どうぞ。

【広告】-ここから-



【広告】-ここまで-

本記事の要約

ビートが硬いタイヤの脱着にはタイヤキーがおすすめです。

タイヤキーはタイヤペンチより小さく、携行性に優れています

タイヤキーとタイヤレバーを併用しますと作業性が大きく向上します。

ビートが硬いタイヤの脱着は厄介

タイヤレバーを使わなくても手だけで脱着できるタイヤもありましたら、タイヤレバーを使っても簡単には脱着できない硬いビートが付いたタイヤもあります。

ビートが硬いタイヤはリムにはめ込む事がかなり大変です。

タイヤレバーを使って硬いビートのタイヤを無理矢理リムにはめ込もうとしますと、タイヤをリムにはめ込んだ際にチューブがタイヤのビート部分とリムに挟まりやすく、チューブが挟まった事に気づかずタイヤに空気を入れますとパンクしてしまいます。

タイヤの脱着にタイヤペンチを使いますとビートが硬いタイヤでも簡単にリムにはめ込む事ができますが、タイヤペンチのサイズが大きく携行には不向きですので、自宅でのタイヤ脱着と使用できる場面が限られてきます。

サイシスト
サイシスト
コンチネンタルのタイヤはビートが硬くて、タイヤの脱着に苦労します。

タイヤキーで作業性アップ

タイヤレバーでは簡単に脱着できないタイヤタイヤキーを使いますと、タイヤレバーを使うよりも楽にタイヤをリムにはめ込む事ができます

タイヤペンチより携行性に優れている

タイヤキーはタイヤレバーよりも大きいですがタイヤペンチより小さいですので、タイヤレバーの様に携行しやすいです。

そしてタイヤレバーのみでタイヤを外すよりも楽にタイヤを脱着できますので、出先でのパンク対応の工具にはタイヤレバーと一緒にタイヤキーも携行しましょう。

価格はタイヤレバーより割高ですが、出先での作業性を考えますと高くありません

破損に注意

タイヤキープラスチック製ですのでリムを痛めにくいですが、プラスチックは破損しやすい為、力任せにタイヤを脱着させようとしますとタイヤキーが欠けたり折れたりする事が考えられます。

ですので、タイヤキーを使う時はタイヤレバー同様に無理矢理こじらず、丁寧にタイヤキーを扱いましょう

サイシスト
サイシスト
サイクルジャージの背面ポケットに入るサイズですので、携行性に優れています。

おすすめのタイヤキーの使い方

説明書通りに作業しましても簡単にはタイヤを脱着できませんが、コツを掴みますと楽にタイヤを脱着できます

タイヤレバーとの併用がおすすめ

タイヤキーを説明書通りに使ってみましたが、説明書の様にタイヤをはめ込むことが難しかったです

また、タイヤをリムから外す時の説明書の手順ではタイヤキーのレバー先端部をタイヤとリムの間に入れ込んでタイヤキーを前後にひねりながら外すのですが、タイヤキーがタイヤのビート部分で滑らず、説明書の様にタイヤキーをスライドさせる事が難しかったです。

根気よく行えばタイヤキーだけでもタイヤを外れられますが、タイヤキーを使うよりもタイヤレバーを使った方が速くタイヤを外せられますので本末転倒です。

タイヤをはめ込む時はタイヤレバーを使うよりも作業しやすいですが、無理矢理ビートの硬いタイヤを引き上げようとしますとタイヤキーの引っ掛け部分が破損する事もありますので、タイヤキーが折れない様に慎重に作業する必要があります。

タイヤキー単品でタイヤを外そうとしますとタイヤレバーを使うよりも苦労しますが、タイヤレバーと併用しますとそれぞれを単品で使うよりも楽にタイヤをはめ込む事ができます

created by Rinker
¥1,683
(2024/06/18 18:19:35時点 楽天市場調べ-詳細)

サイシスト
サイシスト
タイヤレバーと比べますと高いですが、硬いタイヤでも楽に脱着できます。
サイシスト
サイシスト
タイヤレバーとの併用がおすすめです。

タイヤキーを使ったタイヤの外し方

まずは、タイヤレバーでタイヤをある程度外していきます

次に、タイヤキーをタイヤとリムの間に差し込んでからスライドさせますと、楽にタイヤを外せられます

タイヤキーを使ったタイヤのはめ方

まずは、手でタイヤをリムにはめ込められる所まではめ込んでいきます

次に、タイヤが手でリムにはめ込められなくなりましたら、タイヤキーを使ってタイヤをはめ込みながら手でもアシストする様にタイヤをはめ込みますと、楽にタイヤをはめ込められます

タイヤキーの爪をタイヤのビート部分に引っ掛けます。

次にタイヤキーの爪を引き起こす様にタイヤキーのレバーを押し下げます。

裏側から見た写真。
リムを支点にしてタイヤのビートを引き上げます。

撮影の都合上タイヤキーだけ使っていますが、タイヤキーを押し下げる時に手でもタイヤを押し上げてアシストしますと、楽にタイヤがはめられます。
サイシスト
サイシスト
タイヤキーを購入しましたら、まずは自宅でタイヤキーを使ってみて、タイヤ脱着の練習をしておきましょう。

まとめ

ビートが硬いタイヤはリムから脱着しづらく、タイヤレバーでタイヤを脱着しようとすると大変である。

タイヤキータイヤペンチより小さくサドルバッグやサイクルジャージの背面ポケットに入る大きさの為、携行性に優れている

タイヤキーはプラスチック製で破損しやすいので、力任せにせず丁寧に扱う

タイヤキーだけで作業しようとすると簡単にはタイヤを脱着できないが、タイヤレバーと併用すると作業性が大きく向上する。

タイヤを外す時はタイヤレバーである程度タイヤを外していき、仕上げにタイヤキーでタイヤのビート部分をスライドさせる。

タイヤをはめる時は手でタイヤをはめ込んでいき、手ではまらなくなったらタイヤキーを使ってタイヤをはめながら手でもアシストする。

硬くて脱着しづらいクリンチャータイヤを履いている人は、タイヤキーも携行しておきましょう。

【広告】-ここから-



【広告】-ここまで-