パーツ

【低価格帯】練習用タイヤでガンガン走ろう

本ページはプロモーションが含まれています
あなた
あなた
ロードバイクを買った時に付いていたタイヤがすり減って交換時期になったんだけど、普段使いに適したタイヤはどうやって選べばいいの?

タイヤも色々ありますので、タイヤの選定で迷いますよね

本記事を読むメリット

低価格帯のタイヤでも普段使いには十分な事が分かる。

サイシスト
サイシスト
この記事は以下の様な人におすすめ!
普段使い用のタイヤを買い替えようとしている人

普段使いに適しているタイヤについてまとめました。

この記事を読んで、コストパフォーマンスの高いタイヤを履きましょう。

それでは、どうぞ。



本記事の要約

低価格帯のタイヤでも十分な耐パンク性能がありますし、サイドカットもしづらいです。

高価格帯のタイヤより転がり抵抗が劣りますので、レースやブルベには不向きです。

コンチネンタルウルトラススポーツ3が価格と重量と耐パンク性能のバランスが取れていました。

低価格帯タイヤについて

タイヤは大きく分けて価格的に安く普段使いに適しているタイヤと、レースやイベントなど決戦用として使う様な高くて価格的に普段使いに適さないタイヤの2種類に分かれます。

低価格帯のタイヤはパンクしやすいと思われますが、パンクに強い高価格帯タイヤパナレーサー リブモ」でもガラス片には強いですが、クギ画鋲を踏んでしまいますと耐パンクベルトを貫通してパンクしてしまいます

また、速度を落とさずに道路の陥没段差を乗り上げてしまいますと段差を乗り上げた時に発生する衝撃でタイヤがリムまで押されますので、リム打ちパンクは同じタイヤ幅である場合、どんなタイヤを履いていても発生します。

1本1000円以下で販売されている激安タイヤは他の低価格帯タイヤと同じ重量ですが、効果的な耐パンクベルトで保護されていませんので、小石を踏んだだけでもよくパンクします

低価格帯タイヤの中では高価格帯タイヤ並みに軽いパナレーサー クローザー」がありましたが、耐久性や耐パンク性能が他のタイヤよりも大きく劣り、頻繁にパンクしていました。

現在は改良されており、クローザープラスに名称変更されています。

他にも「ビットリア Rubino Pro」を履いていましたが、2本購入したタイヤが2本ともサイドカットでケーシングが切れてしまい1年も持たず使えなくなりました

十分な耐パンク性能がある

ガラス片高価格帯のロングライド向けタイヤを履く事により強力な耐パンクベルトでパンクしにくくできますが、クギ画鋲などの突起物はどんなタイヤを履いていてもパンクします。

標準的な重量の低価格帯タイヤガラス片によるパンクには弱いですが、適正空気圧を維持していましたら小石程度を踏んでもパンクしづらいです。

価格も手ごろですので、通勤通学や実走練習やロングライドでガンガン距離を走る人におすすめです。

サイドカットにも強い

高価格帯のレース向けタイヤは耐パンク性能とタイヤ重量軽量化を両立させる為に、タイヤの側面を薄くしています。

また、タイヤの側面を薄くする事によりタイヤのクッション性が良くなりますので、走行中の振動をより吸収でき、振動抵抗を減らせられる事により速く走れます。

この事からレース志向のタイヤはタイヤ側面を薄くするメリットがありますが、走行距離が長くなりますとタイヤ側面に小石が接触するリスクが増えますので、サイドカットしやすくなります。

ですが、練習用タイヤは薄くなりがちなタイヤ側面までケーシングで保護していますので、しなやかさと走行抵抗は犠牲になりますがサイドカットにも強いです。

色付きタイヤは少し重い

カラーリングが施されているタイヤもありますが、見た目以外のメリットはなくタイヤ重量が増えるデメリットがあります。

ですので、色にこだわりがなければカラーリングしていない黒色のタイヤがおすすめです。

ただし、夜間走行する人には反射テープが張られているタイヤを履く事により、側面からの視認性を向上させられます。

25mm幅タイヤで速度と乗り心地が向上

ひと昔前よりレースでは25mm幅のタイヤが主流になりました。

以前はレースでは23mm幅のタイヤが主流でしたが、接地面積が増える事による転がり抵抗増加のデメリットよりも走行振動吸収による振動抵抗減少のメリットの方が上回る事が判明されました。

ですので、タイヤの抵抗が一番小さくなる25mm幅のタイヤが現在ではレースの主流になっています。

走行抵抗が減るメリットの他にも、タイヤの空気圧23mmより低くなる事により突起物を踏んでもタイヤが変形して異物が当たる力を減らせられますのでパンクしづらくなり、走行中の振動が減退できますので乗り心地も向上します。

【まとめ】ホイールに最適解! タイヤ幅の選び方ナローリムには23Cタイヤ、ワイドリムには25Cタイヤが一番良く合います。 昔は23Cタイヤが主流でしたが、現在では太めの25Cタイヤの方がタイヤの変形しにくく転がり抵抗が小さい事が研究で分かってきましたので、太い25Cタイヤに最適化されたホイールが主流になりました。...
【転がり抵抗軽減】タイヤの太さと空気圧を最適化しようタイヤにも体重制限があります。 空気圧を高くしますと、走行中に自転車が跳ねます。 空気圧を低くしますと、パンクしづらくなります。 太いタイヤは細いタイヤより接地面積が大きく、転がり抵抗も増えます。 走行する路面によりタイヤ幅や空気圧の適正値が異なります。 空気圧を落として走ると乗り心地が向上します。...

適正空気圧にするとパンクしづらい

空気を入れ過ぎますとタイヤが変形しづらくなる事により、小石を踏んだ場合に小石がタイヤに当たる力が減退しにくくチューブまで貫通しやすくなりますので、パンクしやすくなります。

また、空気圧を高くしても段差や道路の陥没速い速度で乗り上げた場合、段差の衝撃でタイヤがリムまで押しつぶされてしまい、チューブがタイヤとリムに挟まってリム打ちパンクします

もちろん、空気圧が低い場合はよりリム打ちパンクしやすくなります。

空気圧が高い場合、接触面積が減りますので転がり抵抗が減りますが、走行中の振動を吸収しにくく自転車がより跳ねますので、振動による抵抗が増えます

逆に空気圧が低い場合、振動をよく吸収しますので振動による抵抗は減りますが、タイヤの接触面積が増えますので転がり抵抗が増えます

その転がり抵抗と振動抵抗のバランスを取ったものが適正空気圧です。

適正空気圧にしますと、小石を踏んでもタイヤが適度に変形してタイヤに小石が当たる力を吸収しますので、パンクしづらくなります。

【抵抗減】ライド前に確認 タイヤの空気圧管理タイヤの空気は徐々に減っていく事により、進まない自転車になってしまいます。 タイヤの太さやライダーの体重に合ったタイヤの空気圧を維持する事で、快適なサイクリングが楽しめます。...
【転がり抵抗軽減】うわっ…タイヤの空気圧、高すぎ…? 適正空気圧で速く走ろうタイヤを適正空気圧にしますとパワーロスが軽減できたり、乗り心地も向上したりします。 タイヤの空気圧が高すぎますと推進力が減退したり、乗り心地も悪くなったりします。 タイヤの空気圧が低すぎますと転がり抵抗が増えたり、リム打ちパンクがしやすくなったりします。 タイヤの適正空気圧は意外と低いです。...

レースやブルベなどのガチ使用には不向き

低価格帯タイヤは重量も重いですが、一番のデメリットは転がり抵抗が高価格帯タイヤより劣る点です。

耐パンク性能を諦めてパナレーサークローザープラスをレースに投入する場合、タイヤ重量は軽くできますが転がり抵抗は高価格帯タイヤと比べますと劣りますので、高価格帯タイヤと同じ走行感は得られません

高価格帯タイヤではコンチネンタルグランプリ5000が耐パンク性能と転がり抵抗と耐摩耗性に優れていますので、レースやイベントにおすすめです。

普段用にはウルトラススポーツ3がおすすめ

僕は普段使い用として低価格帯タイヤを各社色々履いて走りましたが、コンチネンタルウルトラススポーツが価格と重量と耐パンク性能のバランスが取れていました。

重量も25mm幅で265gとそれほど重くありませんし、小石を踏んだ程度では簡単にはパンクしません

また、タイヤ側面までケーシングで保護されていますので、サイドカットにも強いです。

転がり抵抗は高価格帯のタイヤと比べますと劣りますが、実走練習や日帰りのロングライド程度では気になる事もありません

ですので、普段使い用タイヤコンチネンタルウルトラススポーツ3をおすすめします。

created by Rinker
¥2,904
(2024/04/19 00:57:35時点 楽天市場調べ-詳細)

サイシスト
サイシスト
安いタイヤで練習して維持費を節約しましょう。
ただし、安すぎるタイヤには手を出さない方が無難です

まとめ

低価格帯のタイヤでも適正空気圧を維持していれば十分な耐パンク性能があり、タイヤ側面までケーシングで保護しているのでサイドカットしづらい

高価格帯のタイヤと比較すると転がり抵抗が劣るので、レースやブルベなどのガチ使用には不向きである。

色んなタイヤを履いて走った所、コンチネンタルウルトラススポーツ3価格重量耐パンク性能バランスが取れていた

普段使いには低価格帯のタイヤを履いてロードバイクの維持費を減らしましょう